出版塾

出版の専門家とベストセラー


出版の専門家のサイトを見ていると、誰でもがベストセラーを出版できるような気がしてきます。
一生に一度は自分の集大成として書籍を出版するのです。
ただ、それがすぐに企業の業績に効果を発揮すると考えるのは無理があります。
一般の書籍と比較して、ベストセラーと呼ばれる書籍はごく一部だからです。
もちろん、出版をすることで話題づくりにはなります。
企業の宣伝にもなるでしょう。
出版物の売り上げで利益を得ることは考えない方がいいでしょう。
出版の専門家に対する費用は決して安くないからです。
出版の専門家が開催している出版塾などではベストセラー作家養成コースなどがあります。
誰でもがベストセラー作家になれるのでしょうか。
一定の手順を踏んだとしても、それだけでは意味がないのです。
もちろん、文章をしっかりと内容を充実させることはもちろんですが、インパクトのあるタイトルを付けたり、表紙を面白くしたりすることがベストセラーへの道なのでしょうか。
人が読んで感動する書籍よりも、実用書と呼ばれるタイプの書籍の方が書きやすいでしょう。
比較的、書きやすいからです。
小説家になれるわけではなく、自分の知識や考えていることを本にするのです。
新聞の広告欄にたくさんの書籍のタイトルが並んでいます。
それを見ていると、読んでみたくなるのかもしれません。
あなたも出版の専門家のアドバイスを受けてベストセラーを出版してみませんか。
どのような本があなたに書けるでしょうか。
現代は誰でもが出版する時代です。
posted by 商業出版の専門家@山田 at | 出版の専門家 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版プロデュースの会社


あなたの本を出版しませんか。
このような見出しで始まるホームページがたくさんあります。
出版の専門家の会社です。
書籍を出版することでメジャーになると考えられているからです。
もちろん、自分の知識を誰かが認めてくれる、賛同してくれると言うことは重要です。
ただ、せっかく書籍を出版しても、単なる自己満足で終わってしまう可能性が高いでしょう。
そこで出版の専門家の出番となります。
出版の専門家は単なる出版の手伝いではなく、出版を契機としたビジネスの拡大を実現するためにどうすればいいかをアドバイスしてくれます。
出版の専門家を比較しても、ほとんど違いがわかりません。
それは、どの企業でも長年の経験と多数の実績を誇っているからです。
出版社に対する売り込み方、取り上げられやすい企画書の作成などをアドバイスしてくれます。
昔の出版社と比較すると、出版の専門家の活躍によって様々な本が出版されていると思いませんか。
タイトルを見ただけでちょっと読んでみたくなるのです。
自分が感じていたことが本になっていると思ったら購入してしまうのです。
自分がやっている業界のことはわかっていても、出版に関する知識はほとんどありません。
それをプロデュースしてくれる人が出版の専門家です。
出版のことはすべて任せればいいでしょう。
もちろん、実際の出版は出版社が行います。
出版の専門家はその道筋へのアドバイスまでです。
posted by 商業出版の専門家@山田 at | 出版の専門家 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版の専門家と作家デビュー


本を出したい人が大変多いのだそうです。
ブログを誰でも作ることができますから、文章を書くことの面白さを知るのでしょう。
ただ、小説家などの作家になれるかどうかは別問題です。
独りよがりの文章では誰も読んでくれません。
自分の文章と他人の文章を比較して客観的な判断ができなければ、正しい評価はできません。
出版の専門家は本を出したい人のためにポイントを教えてくれます。
ただ、本を出すだけではなく、その後のメリットについても説明してくれます。
出版の専門家が説くメリットとは何でしょうか。
まずは、名刺代わりとして本を紹介することができます。
会社やあなた自身のブランディングに利用できます。
そのためにはあなたの考えを十分織り込むことが必要でしょう。
出版の専門家はそのメリットを活かせるような書籍をすすめるはずです。
もちろん、売上が出れば印税収入が見込めます。
ただ、出版塾に支払うお金よりも印税が多くなるためには、ある程度の販売がなければなりません。
大半の人はわずかに売れるだけで、後は知人に配ったりしているのが現実です。
本を出すことで、自分の実力が高まった気分になるかもしれませんが、誰でもが主版できる時代ですから、そこまでの影響力を期待してはいけません。
本を出して有名になった気分でいたら大間違いでしょう。
ただ、自著があれば、それだけで話題を作ることができます。
他の経営者と比較してのあなたを見直す人も出てくるでしょう。
posted by 商業出版の専門家@山田 at | 出版の専門家 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする